[GCE] f1-microでのWordPress運営が重すぎたのでg1-smallにしてみた

安定して0.5secくらいで捌いていたGCEのf1-small・WordPressサーバーですが、運用を続けていくほどに重くなり、SSH接続すらできないようになったので、一時的にg1-smallにアップグレードしてみました。

重くなった原因はメモリ不足

1日に数100-1000くらいのアクセスしかない弱小サイト(クローラー含む)なので、アクセス過多で重くなったということもなく、CPUの使用率も常に10%前後。それでもSSH接続ができないくらい重くなりました。

再起動直後はすこぶる好調で0.3secくらい捌けているんですが、2週間くらい放置していると1.5secとかまで遅くなります。

freeコマンドで確認してみると、メモリが常に50MB残ってるか残ってないかという状況で、使っているOS「Google Container-Optimized OS」ではスワップも設定されていないのでフリーズに近い状況になったいた模様。

「Google Container-Optimized OS」でswaponしようとしたんですが、いろいろエラーが出て断念。やっぱりUbuntuにしたほうがいいかなぁ。

一時的にg1-smallにアップグレード

ということで、原因は明らかにメモリ不足なので、CPUをそのままにメモリだけ1GB増やせるg1-smallにアップグレードしました。今回は、まだ無料クレジットがたんまり残っているので気軽アップグレードしましたが、f1-micro(約$4)からg1-small(約$14)へのアップグレードはコスト的にはかなり微妙です。

10ドル上がるうえに、f1-microは1台(730時間)までなら無料枠内ですからね。


今回は一時しのぎ的にアップグレードしましたが、今度、f1-microのUbuntuを軽量化&スワップを追加してどれくらい安定させられるかテストしたいと思います。

こういうバックエンドの管理の手間を考えると、Google App Engineでの運用も考えたいんですが、無料枠超えると月に$26くらいかかるんですよね。これなら、Conohaの2GBプラン借りたほうがいいなぁと悩みどころです。