[Ubuntu] OSデータをまるっとUSBメモリにクローンバックアップする

Ubuntuでいろいろセットアップしていると、予期せぬエラーなどに遭遇することがあります。そうした時のためにUSBメモリにクローンバックアップを取っておくと便利です。

内蔵ディスクとUSBメモリのデバイス名を取得

sudo fdisk -l

Disk /dev/sda: 55.9 GiB, 60022480896 bytes, 117231408 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0xdc53878f

デバイス   起動 Start 最後から セクタ  Size Id タイプ
/dev/sda1  *     2048 117229567 117227520 55.9G 83 Linux


Disk /dev/sdb: 28.7 GiB, 30752636928 bytes, 60063744 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0xdc53878f

dev/sdaが内蔵SSDで、dev/sdbがUSBメモリとわかりました。

あとで使うので、控えておきます。

ddコマンドでまるっとコピー

続いて、ddコマンドを使って、内蔵SSDの中身のクローンをUSBメモリに作ります。

sudo dd if=/dev/sda of=/dev/sdb bs=4M

コマンドが終了すれば完了です。

USBから内蔵ディスクにクローン

上記の逆です。
念の為、「sudo fdisk -l」でデバイス名を確認してから作業します。

sudo dd if=/dev/sdb of=/dev/sda bs=4M

システムに影響が出るようなインストールをする際には、クローンを作っておいて、最悪の場合USBメモリから起動して、上記の手順で「USBメモリ->内蔵SSD」にコピーすれば元に戻せます。


Linuxで開発環境を整える場合は、訳もわからず不用意なものをインストールしてしまうこともあるので、この方法を覚えておくと便利ですね。

USBメモリも32GBほどであれば1000円ほどで買えるので、1,000円くらいでこれまでの作業の保険がかけられるなら、安いもんですね。