[WordPress] KUSANAGI Runs on DockerでWordPressの更新に失敗した時の対策

KUSANAGI Runs on Dockerで動かしているWordPressで、ダッシュボード画面からWordPressの更新ができないエラーに遭遇したので対策方法をまとめました。

パーミッションが原因でアップデートに失敗。。。

KUSANAGI Runs on Dockerで動くWordPressは、WordPressが従来想定している環境とかなり違うため、パーミッション関連でのエラーが原因でアップデートができません。

実際にアップデートをかけてみると、下記のようなエラー文言が出てきます。

いくつかのファイルをコピーできないため、最新版のインストールができません。これはたいていの場合、ファイルのパーミッションが適切でないことが原因です。: wp-settings.php, wp-cron.php, wp-activate.php, wp-load.php, wp-login.php, wp-signup.php, wp-trackback.php, wp-config-sample.php

これ以外にもエラー文言が出てくるかと思いますが、基本的にはファイル/ディレクトリのパーミッション問題なので、パーミッションを修正してあげます。

パーミッションを修正する

ということで、パーミッションを修正します。

下記は、上記のエラー文言の時のものです。wp-contentなどのディレクトリが出てくることもあるので、適宜追加・削除してください。

sudo chmod 707 wp-settings.php
sudo chmod 707 wp-cron.php
sudo chmod 707 wp-activate.php
sudo chmod 707 wp-load.php
sudo chmod 707 wp-login.php
sudo chmod 707 wp-signup.php
sudo chmod 707 wp-trackback.php
sudo chmod 707 wp-config-sample.php

エラーは何回か出てくることもあるので、つどつど修正をしていきます。

アップデート成功

修正がすべて完了するとアップデートに成功します。


WordPressサイトは放っておくととんでもない脆弱性の宝庫になったりするので、更新できる環境にしておいて、自動更新をオンにしておきたいですね。