[2017年版] 個人的に最強最速な無料WordPress環境

ブログやサービスをWordPressで始めたい!でも、お金はかけられない!けど、高速なサイトにしたい!っていう気持ちありますよね?ちなみに、自分はそのタイプです。

そんな方のために、個人的に最強最速な無料WordPress環境をあげてみました。

[ドメイン] freenom

ドメインの信頼性って意味では微妙なんですけど、無料って意味ではありがたいサービスです。

ただし、ずっと続けていくつもりなら、お名前.comとかバリュードメインとかのキャンペーンで安いドメインを買って、1年間運営してみて継続判断するほうがいいでしょうね。

[サーバー] Google Compute Engine (f1-mifro)

WordPressが使える無料サーバーというと、日本のサーバーレンタル会社でいうと、

  • XREA
  • WPブログ (2017年8月で受付終了)
  • ウェブクロウ (2017年8月で受付終了)

あたりが有名でしょうか。どこも大元はコアサーバーですね。

どのプランもなんらかしらの形で広告が入るのでできれば避けたいところ(広告収入が欲しいっていうより、単純にユーザービリティの面で。目立つ&閲覧者がいらつく場所に広告を貼られるので)

となると、最弱サーバーがAlways FreeなGoogle Compute Engineか、Herokuかって感じですが、Herokuは無料枠がここ2年くらいでコロコロ変わっているので、なるべく避けたい。となると、やっぱりGoogle Compute Engineということになります。

Google Compute Engineのfi-microでも、重いファイル(CSSやJS、画像)を下記のXREAの無料プランにおいておいて、CloudFlareでエッジサーバーから配信させれば、負荷も減らせるし、月間下り1GBという枠も、3万PVくらいまでなら多分大丈夫。

仮に、10万PVとか行くようになったとしても、1GBあたり$0.12(約13円)なので、痛くもかゆくもない。

むしろ10万PVくらいになれば、サーバー費用を出せるくらいAdsenseで収入があるだろうから、その時にさくらVPSなり、ConoHaなりに移転すれば良さそう。

あ、ちなみに、普通にPHP + MYSQLを入れてWordPressを運用したら重すぎて辛くなります。当サイトはKUSANAGI Runs on Dockerを使ってます。

[CDN] Cloudflare

これはもう鉄板。無料でここまでできるならCloudFlareで十分。

高機能が欲しい場合は、AWSやGCPも検討したいけど、WordPressくらいならCloudflareで事足ります。

[静的ファイルサーバー] XREA無料プラン w/ cloudflare

めったに変更を加えない静的なファイルのためにマシンリソースを食うのは嫌なので、XREA無料プランを契約してます。

PHPやHTMLファイルだと強制的に広告が入るんですが、画像やCSSファイルなどには広告が入らないんです!! <-当たり前だけど

静的ファイルの転送をGCEの下り転送1GBの範囲から外すという意味でも活躍してくれてます。

[ファイル配信サーバー] XREA無料プラン w/ cloudflare

こちらも同じく動的なものじゃないやつよう。

こっちは主にプログラム配布系で使ってます。

XREAは無料サーバーなので、SSH + Gitが使えるので、プライベートレポジトリに置いてあるプログラムをhookでpullしたりしてます。

[メールサーバー] XREA無料プラン

個人ブログにメールなんてほとんど来ないんですけど、Let’s Encyptの登録とか、ドメインごとにわけなきゃいけないもの用に使ってます。まあ、普通にGmailとかの使い勝手はいいですけどね。


こんな感じで無料でWordPressを運営しております。何かの参考になれば。